前へ
次へ

気になる行政書士の仕事内容

ここ近年通信講座で人気の行政書士ですが、意外と仕事について詳しくは知られていません。いろいろと書類をつくってくれる人、といったイメージぐらいしか持っていないのではないでしょうか。実際のところはどうなのかというと、「官公庁へ提出する書類の作成代行」ですので、イメージは間違っていませんね。仕事内容は大きく2つに分かれます。権利業務書類と事実証明書類の2種類で、前者は遺産分割や、各種契約書、示談書など、意外なところで告発状や始末書、嘆願書なども含まれます後者は各種図面(実地調査に基づく)で、会計簿記や各種議事録なども含まれます。もちろん法律を熟知しているので、裁判にはしたくないが、法律に詳しい人に相談をして解決をしたい、と言った時に適任なのが行政書士なのです。

top用置換

top用置換2
Page Top